検眼メガネ

白内障・緑内障

白内障・緑内障とは

白内障

白内障

白内障とは、眼の中でカメラのレンズの役割をする水晶体という通常は透明な組織が年齢とともに白く濁って集めた光がうまく眼底に届かなくなり、視力が低下する病気です。白内障は、一度発症すると薬では治りません。薬は、発生する前の予防や発症した初期に抑制することは可能ですが、完治には手術が必須となります。放置さえしなければ基本的には失明する病気ではありません。

​緑内障

緑内障

中高年の方に多く起こる緑内障は、目から入った情報を脳に伝達する視神経に障害が起こり、眼圧が高くなって視野(見える範囲)が狭くなる病気です。治療が遅れると見える範囲(視野)が少しずつ狭くなり最終的には失明に至ることもあります。失明予防の為、症状がない場合でも、定期的な眼圧・眼底・視野等の検査をお勧めします。

手術の流れ

白内障手術

検査・診療の後「手術適応」と診断された患者様には、医師から手術内容をご説明いたします。 説明を聞かれて手術を希望される場合は、必要な検査や手術日についてご相談させていただきます。

1 手術当日

予約時間までに付添いの方とご来院ください。 患者さまご本人は車の運転はしないでください。

2 手術直前

散瞳剤の目薬、血圧測定などを行います。 入室前にお手洗いを済ませてください。

3 手術開始

麻酔はほとんどの場合目薬の麻酔のみで行います。

手術時間は、約15分です。

4 手術後

回復室に移動し、30分程度リクライニングチェアでお休みいただきます。その後、目の痛みや体調の変化がなければ帰宅していただきます。手術当日は寄り道せずにまっすぐお帰りください。

5 術後検診

白内障の術後は翌日、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後のスケジュールでご来院いただきます。 それ以降は患者様の状況に応じて来院日を決定します。術後合併症の発見や視力の経過観察のために術後検診はとても重要です。決して自己判断はせず、医師の指示のもと目薬、通院をお守りください。

緑内障手術

検査・診療の後「手術適応」と診断された患者様には、医師から手術内容をご説明いたします。 説明を聞かれて手術を希望される場合は、必要な検査や手術日についてご相談させていただきます。

1 手術当日

予約時間までに付添いの方とご来院ください。 患者さまご本人は車の運転はしないでください。

2 手術直前

散瞳剤の目薬、血圧測定などを行います。入室前にお手洗いを済ませてください。

3 手術開始

麻酔は眼球の後方に麻酔薬を注射するテノン嚢下麻酔で行います。手術時間は、手術方法により変動しますが、45分程度です。手術中、急に眼を動かしたり、体を動かしたりすると大変危険です。何か異常を感じた場合はお話しできますのでお声掛けください。手術終了時に眼帯をします。

4 手術後

回復室に移動し、30分程度リクライニングチェアでお休みいただきます。その後、目の痛みや体調の変化がなければ帰宅していただきます。手術当日は寄り道せずにまっすぐお帰り下さい。

5 術後検診

緑内障手術の術後は翌日、3日後、1週間後、2週間後、4週間後、6週間後、8週間後、10週間後、12週間後のスケジュールでご来院いただきます。それ以降は患者様の状況に応じて来院日を決定します。術後合併症の発見や視力の経過観察のために術後検診はとても重要です。決して自己判断はせず、医師の指示のもと目薬、通院をお守りください。

お問合せ

目に関するお悩みはお電話でお気軽にご相談ください。

電話
0574-69-1001